挙式に結婚指輪は付き物

婚約指輪と違い、結婚指輪は結婚した大抵の男女が日常的につけているアイテムです。
挙式のみあげる場合でも指輪の交換ははずせません。

婚約指輪は、一般的にはダイヤの立爪のリングなどが多く、服やバッグにひっかけたりしてしまうので、結婚式やパーティなどにしか登場しません。
しかし、女性の結婚指輪の代表的なデザインは、一文字でその中に宝石が埋め込まれているものが多いようです。

宝石はダイヤの事もあれば、誕生石を選ぶこともあります。

男性の指輪は、これと同じデザインで宝石無しが一般的ではないでしょうか。

ジュエリーショップにおいてある結婚指輪のセットも大体このようなデザインのようです。

ですが最近では、いつもつけているのだからと、個性的な結婚指輪を選択する人も増えているようです。

たとえば、ハワイが好きな人がハワイアンジュエリーを結婚指輪にするとか、または最初からオーダーで作ることもあるようです。

これですと、少し派手目なデザインにしてファッション性を高めるとか、イニシャルをデザインとして取り入れてもらう事もでき、好きな宝石を好きな大きさで取り入れることもできます。

フルオーダーで作ってくれる会社は、最近ぐっと増えてきています。
自分スタイルでの結婚式を挙げたいカップルや、挙式のみにしてその分を一生つける結婚指輪はオリジナルにしたいカップルにも人気があります。

これから結婚する予定の方は、結婚指輪を自分だけのオリジナルデザインでオーダーするという事を考えてみてはどうでしょうか。