男性も常に付けていられる結婚指輪

結婚指輪を結婚式のときに贈り合い、左手の薬指に付ける習慣は、もともとはキリスト教の風習でした。

今では教会式の挙式の際に指輪の交換をするのが日本でも慣例になっていますし、おじいちゃんやおばあちゃんも結婚指輪をずっとつけている人もたくさんいます。


日本でもこれだけ浸透した結婚指輪ですが、中には仕事などに差し障りがあり、日常的には外すという人もいます。

しかし、できれば、ふたりに誓いの証として、ずっとつけていたいものです。

つけ心地が良く、耐久性があり、ふたりとも気に入ったものなら、きっとずっと付けていられます。

女性の好みにあわせて、少しデザインの入っているペアの結婚指輪を選んだ場合、男性が普段付けづらくなってしまうこともありますから、ふたりでじっくりと試着して、常に付けていられるものを選びましょう。

形はシンプルなものにし、女性のものだけ宝石を埋め込むという方法や、ファッションリングをセットにして普段からつける方法もあります。

エンゲージリングともセットのデザインのものもたくさんありますし、普段付けていても邪魔にならないエンゲージリングを選べば、常にセットで付けていられます。

披露宴をしないで挙式のみを考えているカップルだからこそ、お互いに納得できる結婚指輪を仲良く相談しながら決めましょう。