挙式のみでも結婚指輪は必要

披露宴などは省略して挙式のみしたい、というカップルも増えてきました。
そういうカップルでも結婚指輪は購入しておきましょう。
【参考:挙式のみで披露宴をしない結婚式のお手本

ただし、結婚指輪の購入は、婚約指輪と違って若干気持ちのゆとりができます。

婚約指輪は基本的には彼女に内緒で用意したいと考える人がほとんどですね。

そのため、サイズなどをしっかりと把握しておかないといけなくなります。

しかし、結婚指輪は二人で一緒に選びにいくことができるので、指輪の好みやサイズなどを確実に彼女に合わせることができます。

結婚指輪は、二人の愛を永遠に誓った証となるものであるため、二人が納得のいくものを用意することが重要です。

また、指輪の内側に刻印や石を埋め込むことができるサービスがあります。

そのため、刻印や石を組み合わせることで、世界にたった一つの結婚指輪になります。

その他に結婚指輪の購入に関して注意することは、その指輪の材質です。

婚約指輪ほどの予算を使うことは、あまり無いと思いますが、それでもある程度のお金はかかります。

出費を抑えたいと考える人もいるかもしれませんが、常に身につけておくものとなるため、日常生活で変形や変色を起こすような素材は避けた方がいいといえます。

最近一般的な素材の一つにプラチナが挙げられます。

プラチナは変形や変色がしにくく、またその輝きが綺麗で人気の素材です。

諸々の注意することに気をつけて、二人が納得のいく指輪を購入するようにしましょう。

私のおススメは杢目金の指輪です。

今までの自分の指輪概念がくつがえされました。